本文へスキップ

自然観察や環境教育を通し、自然とのふれあいを進め、自然への理解を深める活動を行っています。

北海道ウオッチングガイド

北海道ウオッチングガイドは、北海道内で行われる自然に関する行事等の情報を広く提供するために発行しています。「北海道ウオッチングガイド」を見て、たくさんの自然観察会に参加しましょう♪

2017年11月~12月号

PDFはこちら 2017年11月号ウオッチングガイド印刷版

印刷版に載っていない追加情報

北海道ウオッチングガイド2017年11月〜12月 ホームページ版

今月の行事一覧 来月の行事一覧 講座・イベントのご案内 ツアーのご案内 その他のお知らせ 無料配布場所一覧  『北海道ウォッチングガイド』への情報提供のお願い
…申し込みが必要な行事。必ず主催団体に申し込みの上ご参加ください。
…昼食持参。野外行事では他に筆記具、植物や野鳥の図鑑、双眼鏡などがあると便利。雨具、防寒具必携。
注意 …掲載した行事は発行者が内容を保証または推薦するものではありません。
メールアドレスは、[@]の部分を全角にしてあります半角の「@」に変えて、送信してください。


11月
場所 内容 集合 参加費 主催 その他
1(水) 帯広市 とかちプラザ エゾリスの会例会 18:30 とかちプラザ403号室 無料 エゾリスの会 0155-33-4223三日市
1(水) 石狩はまなすの丘公園 動植物の観察と記録 9:00 石狩浜海浜植物保護センター 無料 石狩浜定期観察の会 0133-74-6198 安田
*交通:中央バス「石狩行き」に乗車、「石狩温泉前」下車、海側に歩いて約4分。
2(木) 豊平区 月寒公園 ちびっこ遊び隊 10:00 月寒公園(0〜4歳親子対象) 300円 自然ウオッチングセンター 011-583-5208
3(祝) 南区 芸術の森付近 クリンクリンウォーク 9:30 市立大学前みずなら橋駐車場 無料 カッコウの里を語る会 小林011-592-5922
3(祝) 登別ふぉれすと鉱山 環境保全フォーラム 10:00 登別ふぉれすと鉱山(大人対象) 200円 登別市ネイチャーセンターふぉれすと鉱山 0143-85-2569
3(祝) 北区 北大構内 北大構内観察会 10:00 北海道大学正門(北区北8西5) 100円 北海道自然観察協議会 011-551-5481山形
*イチョウ並木とエルムの紅葉を楽しもう。JR札幌駅北口から徒歩5分、地下鉄南北線「北12条駅」から徒歩10分。
3(祝) 支笏湖 自然の恵みでクラフト 10:00 支笏湖ビジターセンター 無料 自然公園財団支笏湖支部 0123-25-2453 定員8
*支笏湖で拾えるガラス石や自然素材で、クラフトを制作します。
4(土) 琴似発寒川農試公園橋付近 サケ観察会 10:00 琴似発寒川農試公園橋付近 無料 札幌市豊平川さけ科学館 011-582-7555
4(土) 支笏湖モラップ一の沢 森と谷の探検ツアー 9:00 詳細問い合わせ(中学生以上対象) 3000円 自然公園財団支笏湖支部 0123-25-2453 申昼 定員10
4(土) 有珠山 登山 南平岸駅、札幌市役所(詳細問合せ) 5000円 遊悠倶楽部 090-3399-0202藤野 申昼
5(日) 豊平区 西岡水源池 定例探鳥会 9:00 西岡公園管理事務所前 300円 日本野鳥の会札幌支部 011-613-7973
5(日) 小樽市 なえぼ公園 探鳥会 9:00 なえぼ公園森の自然館 無料 日本野鳥の会小樽支部 0134-22-0185梅木 キツツキ、カラ類
5(日) 豊平川さけ科学館 サケの人工授精体験 13:00〜、14:00〜 豊平川さけ科学館 無料 札幌市豊平川さけ科学館 011-582-7555
5(日) 支笏湖 自然の恵みでクラフト 10:00 支笏湖ビジターセンター 無料 自然公園財団支笏湖支部 0123-25-2453 定員8
5(日) 野幌森林公園 探鳥会 9:00 野幌森林公園大沢口 無料 北海道野鳥愛護会 011-251-5465
5(日) 野幌森林公園 秋のありがとう観察会 10:00 自然ふれあい交流館(大沢口) 無料 野幌森林公園自然ふれあい交流館 011-386-5832 ゴミ袋、軍手
*木の実、草の実観察やごみ拾い。4q、3.7qの2コースあり。昼食持参自由。
5(日) 登別ふぉれすと鉱山 みんなでつくる里山 10:30 登別ふぉれすと鉱山 200円 登別市ネイチャーセンターふぉれすと鉱山 0143-85-2569
*里山から種を集めたり、山採り苗を準備して100年後の森につなげる苗木の準備を行います。
7(火) 中央区 中島公園 ちびっこ遊び隊 10:00中島公園児童会館前(0〜4歳親子) 300円 自然ウオッチングセンター 011-583-5208
7(火) 登別ふぉれすと鉱山 カッティングボードづくり 10:00 登別ふぉれすと鉱山 1000円 登別市ネイチャーセンターふぉれすと鉱山 0143-85-2569 申昼
8(水) 南区 精進川沿い 秋の自然散歩 10:00 地下鉄南北線「自衛隊前」駅 1000円 自然ウオッチングセンター 011-583-5208 定員20
*自衛隊前駅から精進川沿いに自然散策。天神山緑地などを通り、地下鉄「中の島駅」で解散です。
9(木) 登別ふぉれすと鉱山 自然学講座B 18:00 登別ふぉれすと鉱山(大人対象) 200円 登別市ネイチャーセンターふぉれすと鉱山 0143-85-2569 定員15
*人間と同じ仲間であるコウモリ。コウモリの不思議について学びます。
10(金) 小樽市 おたる文学ウォーク (詳細問い合わせ) 2800円 自然の旅クラブ 0134-51-5666
11(土) 支笏湖モラップ一の沢 森と谷の探検ツアー 9:00 詳細問い合わせ(中学生以上対象) 3000円 自然公園財団支笏湖支部 0123-25-2453 申昼 定員10
11(土) 登別ふぉれすと鉱山 ガイドウォーク 10:30 登別ふぉれすと鉱山 200円 登別市ネイチャーセンターふぉれすと鉱山 0143-85-2569
11(土) 支笏湖 野鳥と冬芽の観察会 9:50 休暇村支笏湖駐車場 無料 支笏湖自然保護官事務所 0123-25-2350
*支笏湖園地周辺を歩き、野鳥と冬芽を観察。休暇村支笏湖の日帰り温泉半額券を進呈。
12(日) 中央区 円山公園 定例探鳥会 9:00 円山公園南大通側入口 300円 日本野鳥の会札幌支部 011-613-7973
12(日) 豊平川さけ科学館 サケの人工授精体験 13:00〜、14:00〜 豊平川さけ科学館 無料 札幌市豊平川さけ科学館 011-582-7555
12(日) ウトナイ湖野生鳥獣保護センター 自然案内ボランティ〜水鳥のことを伝えよう 10:00 ウトナイ湖野生鳥獣保護センター 無料 ウトナイ湖野生鳥獣保護センター 0144-58-2231
12(日) 支笏湖 ネイチャーゲームで遊ぼう 10:00 支笏湖ビジターセンター(小学1〜3年) 500円 自然公園財団支笏湖支部 0123-25-2453 申昼 定員8
12(日) 登別ふぉれすと鉱山 シカ角アクセサリー作り 10:00 登別ふぉれすと鉱山(大人対象) 1000円 登別市ネイチャーセンターふぉれすと鉱山 0143-85-2569 申昼 定員15
12(日) 伊達紋別岳 登山 南平岸駅、札幌市役所(詳細問合せ) 5000円 遊悠倶楽部 090-3399-0202藤野 申昼
12(日) 南区 常盤 ときわ自然散歩 9:30 ヤマガラ珈琲(南区常盤2−2) 500円 自然ウオッチングセンター 011-583-5208 コーヒー付き
*真駒内駅A乗り場9:15発、「真102サンブライト真駒内行き」に乗車、「常盤橋」下車。バス停でお待ちください。
12(日) 苫小牧市 ウトナイ湖 探鳥会 9:30 ウトナイ湖野生鳥獣保護センター 無料 北海道野鳥愛護会 011-251-5465
*千歳空港発、道南バス苫小牧行きに乗車、「ウトナイ湖」下車、徒歩5分。
17(金) 登別ふぉれすと鉱山 たまにはアウトドアライフ 10:00 登別ふぉれすと鉱山(大人対象) 1000円 登別市ネイチャーセンターふぉれすと鉱山 0143-85-2569 定員15
*薪を使ったダッチオーブン料理や、山の道具などいろいろな器具を扱ってアウトドアクッキングを楽しみます。
18(土) 北海道大学大学院環境科学院D201教室 北海道高山植物保護ネット 市民フォーラム 13:30 北大環境科学院D201教室 500円 北海道高山植物保護ネット 011-892-5306
*講演 在田一則「ヒマラヤ山脈の成り立ち」、梅沢俊「ブータンの花2017・青いケシのまとめ」、地域からの報告など
18(土) 登別ふぉれすと鉱山 コケの世界 10:00 登別ふぉれすと鉱山(大人対象) 1500円 登別市ネイチャーセンターふぉれすと鉱山 0143-85-2569 定員6
*身近な場所で観察すると面白い、コケの世界へ。ルーペをのぞき、癒やしの世界へ。コケテラリウムづくりにも挑戦。
19(日) 豊平区 西岡水源池 月例自然散歩 9:00 西岡公園管理事務所前 100円 西岡の自然を語る会 011-583-8676
19(日) 花川北コミュニティセンター 学習会 大型風車試運転を控えて〜私たちがシなければならないこと 13:30 花川北コミュニティセンター 300円 石狩湾岸の風力発電を考える石狩市民の会 0133-74-6198
19(日) 豊平川さけ科学館 サケの人工授精体験 13:00〜、14:00〜 豊平川さけ科学館 無料 札幌市豊平川さけ科学館 011-582-7555
19(日) 小樽市 祝津海岸 探鳥会 9:00 中央バス「祝津漁港」バス停 無料 日本野鳥の会小樽支部 0134-22-0185梅木 ウミスズメ類
19(日) 帯広の森 里山つくろうプロジェクト 9:00 帯広の森里山活動場所 無料 エゾリスの会 0155-33-4223三日市
19(日) 野付半島ネイチャーセンター 晩秋の自然を楽しむ音楽と語り 12:50 野付半島ネイチャーセンター 200円 野付半島ネイチャークラブ 0153-82-1270
19(日) 里美遊歩道 竹山温泉 オコジョの会 10:00 JR北広島駅 1000円 札幌・里山散歩オコジョの会 080-3233-1684 風呂道具
*札幌駅発9:35、JR「エアポート94」に乗車。竹山温泉で懇親会1680円別途(幕の内弁当、温泉代込み)。
21(火) アスティ45 2017年度「自然を語る会」 18:00 アスティ45 札幌市立大学サテライトキャンパス 無料 北海道自然保護協会 011-251-5465
21(火) 白石区 大谷地神社 さっぽろ自然散歩 10:00 大谷地バスターミナル 1000円 自然ウオッチングセンター 011-583-5208
*地下鉄大谷地駅下車、地上階の待合室集合。大谷地神社、サイクリングロード経由、解散は地下鉄南郷18丁目駅。
23(祝) 豊平区 西岡水源池 自然観察会 10:00 西岡公園管理事務所前 100円 北海道ボランティアレンジャー協議会 011-897-7186室野
*広葉樹はすっかり落葉し初冬の佇まいです。池の周りをぐるりと一周して、植物や水辺の野鳥などを観察します。
25(土) 北海学園大学6号館C-31教室 自然保護大学 13:00 北海学園大学6号館C-31教室 2000円 北海道自然保護協会 011-251-5465
25(土) 登別ふぉれすと鉱山 里山づくりの日 10:00 登別ふぉれすと鉱山 200円 登別市ネイチャーセンターふぉれすと鉱山 0143-85-2569
*里山に柴刈りに出かけ、かまどでごはん炊きに挑戦します。
25(土) 中央区 「鳥次郎」 野鳥お勉強会 17:50 鳥次郎(大通西5昭和ビル地下) 3500円 野鳥お勉強会 090-4874-1705富川 2日前迄
*「DNA分析によるシマフクロウの研究」、表渓太氏(北海道博物館)。定員20名。
 ご注意!! 野鳥お勉強会は前号では11月18日とご案内しましたが、11月25日に変更になりました。
26(日) 登別市クッタラ湖 クッタラ古道 9:00 中登別の桜坂駐車公園(大人対象) 2000円 登別市ネイチャーセンターふぉれすと鉱山 0143-85-2569 定員8
*古の道を辿り、日本一丸いとされる湖の、冬の静かな姿を見に行きませんか。
26(日) 北海道大学総合博物館1階知のホール 札幌シマアオジシンポジウム 14:00 北大総合博物館1階 無料 NPO法人サロベツ・エコ・ネットワーク0162-82-3950
26(日) ウトナイ湖野生鳥獣保護センター 野生動物に学ぶ救護セミナー 10:00 ウトナイ湖野生鳥獣保護センター 無料 ウトナイ湖野生鳥獣保護センター 0144-58-2231
26(日) 豊平区 西岡公園 子りす工房 10:00 西岡公園管理事務所 500円 西岡公園管理事務所 011-582-0050
26(日) 豊平川さけ科学館 サケ・タッチプール 13:00 豊平川さけ科学館 無料 札幌市豊平川さけ科学館 011-582-7555

12月
場所 内容 集合 参加費 主催 その他
2(土) 豊平川さけ科学館 思い出缶詰づくりワークショップ 10:00〜、14:00〜豊平川さけ科学館 無料 札幌市豊平川さけ科学館 011-582-7555
2(土) 支笏湖ビジターセンター クラフト 10:00 支笏湖ビジターセンター 無料 自然公園財団支笏湖支部 0123-25-2453 申 定員8
*クリスマス&お正月クラフト。自然素材を使って、クリスマスやお正月に飾れるクラフト作りをします。
2(土) 登別ふぉれすと鉱山 みんなでつくる里山 10:30 登別ふぉれすと鉱山 200円 登別市ネイチャーセンターふぉれすと鉱山 0143-85-2569
*かつての学校林であったトドマツの間伐を行い、材にするための皮むきを行います。
3(日) 野幌森林公園 探鳥会 9:00 野幌森林公園大沢口 無料 北海道野鳥愛護会 011-251-5465
3(日) 小樽市 なえぼ公園 探鳥会 9:00 なえぼ公園森の自然館 無料 日本野鳥の会小樽支部 0134-22-0185梅木 キツツキ、カラ類
3(日) 支笏湖ビジターセンター クリスマス飾りを作ろう 10:00 支笏湖ビジターセンター(小学生対象) 500円 自然公園財団支笏湖支部 0123-25-2453 申昼
定員10
3(日) 豊平区 西岡水源池 定例探鳥会 9:00 西岡公園管理事務所前 300円 日本野鳥の会札幌支部 011-613-7973
*地下鉄澄川駅前、マックスバリュ前より中央バス「西岡環状線」に乗車、「西岡水源池」下車。
3(日) 登別ふぉれすと鉱山 子育てフォーラム 10:30 登別ふぉれすと鉱山 300円 登別市ネイチャーセンターふぉれすと鉱山 0143-85-2569 申昼
定員50
*「自然」をキーワードに、子育てに関わるお話し会と森の中の子育て体験プログラム。託児もあり。子ども100円。
5(火) 豊平区 月寒公園 ちびっこ遊び隊 10:00 月寒公園パークライフセンター 300円 自然ウオッチングセンター 011-583-5208
*木の実&落ち葉クラフト。0〜4歳親子対象。11月1日より申し込み。
10(日) 中央区 円山公園 定例探鳥会 9:00 円山公園南大通側入口 300円 日本野鳥の会札幌支部 011-613-7973
10(日) 小樽市 祝津海岸 探鳥会 9:30 中央バス祝津漁港バス停 無料 日本野鳥の会小樽支部 0134-22-0185梅木 ウミスズメ類
10(日) 千歳市真々地川 オコジョの会 9:30 JR千歳駅(JR、バス代各自負担) 1300円 札幌・里山散歩オコジョの会 080-3233-1684 申昼
*JR札幌駅8:50発エアポート86に乗車。泉沢自然の森〜青葉公園4qの散歩。
10(日) 支笏湖ビジターセンター クリスマスお正月クラフト 10:00 支笏湖ビジターセンター 無料 自然公園財団支笏湖支部 0123-25-2453 定員8
*自然素材を使って、クリスマスやお正月に飾れるクラフト作りをします。
10(日) ウトナイ湖鳥獣センター デジタルバードウォッチング 13:00 ウトナイ湖野生鳥獣保護センター 無料 デジタルバードウォッチング運営事務局 090-9081-0177島田
*「冬の魅力的な小鳥たち」。ホオジロ類やベニヒワなどこの時期だからこそ観察できる鳥。写真や動画で紹介。
12(火) 豊平区 月寒公園 さっぽろ自然散歩 10:00 月寒公園坂下駐車場 1000円 自然ウオッチングセンター 011-583-5208
*リニューアルした月寒公園を歩きます。集合はボート池北側の駐車場。地下鉄東豊線美園駅より徒歩5分。
16(土) 中央区 「鳥次郎」 野鳥お勉強会 17:50 鳥次郎(大通西5昭和ビル地下) 3500円 野鳥お勉強会 090-4874-1705富川 2日前迄
*「私の好きな野鳥図鑑」、北山政人氏(北海道野鳥愛護会)。定員20名。
16(土) 野幌森林公園 観察会&スライド会 10:00 自然ふれあい交流館(大沢口) 無料 野幌森林公園自然ふれあい交流館 011-386-5832
*「楽しい冬のすごしかた」。スライド上映会、ミニ観察会。11月17日より受付、先着20名。
17(日) 豊平区 西岡水源池 月例自然散歩 9:00 西岡公園管理事務所前 100円 西岡の自然を語る会 011-583-8676
17(日) とかちプラザ視聴覚室 シンポジウム「十勝海岸の自然を考える」 13:30 とかちプラザ(帯広市西4南13) 500円 十勝自然保護協会事務局 川内015-572-4012
23(祝) 北区 北大構内 初心者探鳥会 9:00 北海道大学正門(北区北8西5) 300円 日本野鳥の会札幌支部 011-613-7973
今月の行事一覧 来月の行事一覧 講座・イベントのご案内 ツアーのご案内 その他のお知らせ 無料配布場所一覧  『北海道ウォッチングガイド』への情報提供のお願い


※メールアドレスは、[@]の部分を全角にしてあります半角の「@」に変えて、送信してください


札幌シマアオジシンポジウム

 北海道の湿原に生息する野鳥「シマアオジ(島青鵐)」が今、絶滅の危機にあります。スズメくらいの大きさの黄色と茶色の小鳥です。中国で食用に大量に密猟されたのが減少の一因とされます。現地で、その調査や交流をされた長谷部さん、シマアオジの研究をされてきた玉田さん、日本野鳥の会で長年にわたって野鳥の保護や研究をされていたシンバ・チャンさんの3人による講演と対談です。是非、ご参加ください。
日 時 11月26日(日) 14:00〜16:00
申し込み/参加費 申し込み不要、参加無料
場 所 北海道大学総合博物館1階 知の交流ホール(札幌市北区北10条西8丁目)
プログラム
  ・「北海道のシマアオジの減少と今後の保全」 玉田克己(北海道立総合研究機構 環境科学研究センター)
  ・「サロベツのシマアオジの減少と最新状況」 長谷部真(サロベツ・エコ・ネットワーク)
  ・「海外のシマアオジの状況と国際的な保全」 シンバ・チャン(バードライフインターナショナル)
  ・対談「シマアオジの保全に向けて」
主 催 環境省北海道地方環境事務所
主 管 NPO法人サロベツ・エコ・ネットワーク(Tel0162-82-3950、info@sarobetsu.or.jp)


北海道高山植物保護ネット2017年度市民フォーラム 「お花畑は、いま…2017」

 今年度は名称を「高山植物保護ネット」と改めて8回目のフォーラムとなります。例年通り、各地の団体の活動報告があります。
日 時 11月18日(土) 13:30〜17:00(予定) 参加費 500円
場 所 北海道大学大学院環境科学院D201教室
内 容
 ◯講演 在田一則「ヒマラヤ山脈の成り立ち」
 ◯講演 梅沢俊「ブータンの花2017・青いケシのまとめ」
 ◯若手研究者・大学生による研究事例の紹介
 ◯地域からの現状と課題についての報告
主催/申し込み 北海道高山植物保護ネット札幌事務局
     (さっぽろ自然調査館 Tel011-892-5306、Fax011-592-5318E-mail:hap-net@cho.co.jp)


支笏湖 野鳥と冬芽の観察会

 支笏湖で解説活動を行っているパークボランティアの案内で、支笏湖園地周辺を歩き、野鳥と冬芽を観察します。昨年は、キタコブシやツルアジサイの冬芽、シジュウカラ、アカゲラ等の野鳥が見られました。
日 時 11月11日(土)、9:50集合〜12:00解散予定(荒天中止)
集合場所 休暇村支笏湖駐車場   参加費 無料
持ち物 飲み物、歩きやすい服装、歩きやすい靴、帽子、雨具、防寒具
その他 共催の休暇村支笏湖より日帰り温泉半額券を進呈
申し込み 参加者全員の氏名、年齢、連絡先をお知らせ下さい。当日参加も可。 定 員 15名
主催/申し込み 支笏湖自然保護官事務所(Tel0123-25-2350、Fax25−2351、平日8:30〜17:15、土日祝休み)


シンポジウム『十勝海岸の自然を考える〜湿地・湖沼・海岸線の現状と将来〜』

 長大な十勝海岸は貴重な自然海岸線と海岸湖沼・湿地が残り、生物多様性保全の面からも重要な位置にあります。この地域で様々な分野で調査研究している皆さんにその貴重さを語っていただき、多方面から現状をとらえ、今後の保全について考えます。
日 時 12月17日(日) 13:30〜16:30(13:00開場)
会 場 とかちプラザ視聴覚室(帯広市西4条南13丁目1)
参加費 500円   申し込み 不要
講師/演題
 ◯園田武氏(東京農業大学:汽水生物学、水産増殖学)十勝海岸湖沼群の水生動物の生態』
 ◯千嶋淳氏(道東鳥類研究所:鳥類、海獣類)重要野鳥生息地(IBA)としての十勝海岸』
 ◯若原正博氏(植物研究家)、塚田晴朗氏(植物写真家)十勝海岸の植物』
 ◯討論総合司会 持田誠氏(浦幌町立博物館)
主催/問い合わせ 十勝自然保護協会事務局(川内 Tel/Fax015-572-4012)

  *11月4日 講演会『凍土がつくる地面の高まり〜十勝坊主とその仲間〜』は、
   都合により中止になりました。


芸術の森クリンクリンウォーク

 芸術の森付近の道路脇のゴミを拾いながら晩秋の景色を楽しみます。
日 時 11月3日(金・祝)9:30〜12:00頃
場 所 札幌市南区芸術の森付近
集 合 9:30 市立大学前ミズナラ橋駐車場(札幌市南区芸術ノ森1丁目)
交 通 地下鉄真駒内駅2番乗リ場ヨリ、中央バス空沼線、滝野線に乗車、「札幌市立大学前」下車、2分
持ち物/服装 軍手、汚れてもいい服装、長靴
申し込み/参加費 申し込み不要、参加無料。当日直接お越しください
主催/問い合わせ カッコウの里を語る会
       (事務局:小林、Tel011-592-5922、Fax592-5923、koba84@ceres.ocn.ne.jp)


2017年度自然を語る会 外来野生生物

 「外来野生生物」と聞いてどんなイメージをもたれますか? 当会が円山公園での外来種除去に取り組んでいる事と合わせ、今年度自然を語る会のテーマを「外来野生生物」とし開催いたします。
C11月21日(火)18:00〜20:00 
「排除すべき外来種?じつは人間社会に必要不可欠な外来種―ニセアカシアの場合―」

 講師:真坂一彦氏(北海道立総合研究機構林業試験場 主査(防災林))
北米原産のニセアカシアは、かつて在来種を駆逐するという理由から要注意外来生物に指定されたが、現在では人間社会に必要不可欠な産業管理外来種に指定されている。本講演では、「見たいものを見る」というエセ科学の流布を許したニセアカシアの生態を説明し、科学根拠のない行き過ぎた保全活動が社会に損失を与える好例として解説する。最後に、円山をはじめ、都市域におけるニセアカシアの取り扱い方を論じる。
会 場 アスティ4・5(12F)札幌市立大学サテライトキャンパス(札幌市中央区北4条西5丁目)
定 員 50名     参加費 無料    申し込み 必要
主催/申し込み 北海道自然保護協会(Tel011-251-5465、Fax011-211-8465、Eメール:info@nc-hokkaido.or.jp)


2017年度自然保護大学 山・湿原・海岸湖沼の生物多様性とその保全を学ぶ

 今年の自然保護大学では自然保護の重要なキーワードである生物多様性をテーマにとりあげました。オホーツク海紋別のコムケ湖の様々な渡り鳥、標高900m付近にある雨竜沼湿原の多様な生態系、花の名山夕張岳の保全について調査研究をされている専門家にお話していただきます。貴重なお話しと共に、中々、訪れることが少ない広大な自然の鮮明な映像(スライド)をぜひ楽しんでいただきたいとご案内いたします。多くの方々の受講をお待ちしております。
日 時 11月25日(土) 13:00〜18:00
内 容 @「コムケ湖の鳥は何処へ行く」 大館和広氏(もんべつかいはつくらぶ代表)
    A「ラムサール条約湿地・雨竜沼湿原の保全と利活用」 佐々木純一氏(雨竜沼湿原を愛する会副会長)
    B「夕張岳の植物を守るために」 佐藤 謙氏(北海学園大学名誉教授)
会 場 北海学園大学6号館C-31教室(地下鉄東豊線「学園前」下車)
参加費 一般2000円、学生1000円
定 員 50名
主催/申し込み 北海道自然保護協会(Tel011-251-5465、Fax211-8465、info@nc-hokkaido.or.jp)


ウトナイ湖野生鳥獣保護センターのイベント

■自然案内ボランティア講座 〜水鳥のことを伝えよう〜
 水鳥をテーマとした自然案内(来訪者に自然のことを伝える)プログラムを体験します。
日時 11月12日(日) 10:00〜14:00
場所 ウトナイ湖野生鳥獣保護センター及び自然観察路
対象/定員 高校生以上。申し込み先着10名
申し込み 電話または直接来館での申込み
参加費 無料
持ち物 弁当、飲み物、防寒具、あれば双眼鏡(貸出しあり)など

■第3回野生動物に学ぶ救護セミナー 〜身近にある外来種問題〜
 @外来種とは何か、その問題点と課題 A身近にある外来種問題〜苫小牧の事例から〜。
日時 11月26日(日) 10:00〜12:00
場所 ウトナイ湖野生鳥獣保護センター
参加費 無料
対象/定員 高校生以上。申し込み先着20名
申し込み 電話または直接来館での申込み
持ち物 筆記用具
主催/問い合わせ ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(苫小牧市植苗156-26、Tel0144-58-2231、月曜休館)


札幌市豊平川さけ科学館のイベント

〈サケ・タッチ・プール〉
 川に帰って来た大きなサケにさわります。小学3年以下の方は保護者同伴。無料、申し込み不要。
日時 11月26日(日) 13:00〜15:00
会場 さけ科学館

〈琴似発寒川サケ観察会〉
 職員が随時(時間内いつでも)サケの産卵行動を解説します。観察場所に直接お越し下さい。
日時 11月4日(土)10:00〜12:00
対象 小学3年以下の方は保護者同伴
費用等 無料、申し込み不要
会場 琴似発寒川農試公園橋付近(西区八軒5条西10丁目付近)

〈サケの人工受精体験〉
 サケの人工受精作業を見学・体験。小学3年以下の方は保護者同伴。無料、申し込み不要。
日時 11月5日(日)、12日(日)、19日(日) 13:00〜13:20、14:00〜14:20
会場 さけ科学館

〈思い出缶詰づくりワークショップ〉
 好きな物を入れた缶詰を作り、缶詰の歴史やサケの生態、食べ物としてのサケについて学ぶ。
日時 12月2日(土) 午前ノ部10:00〜11:30、午後ノ部14:00〜15:30
費用 無料
会場 豊平川さけ科学館
対象/定員 小学3年以上(小学生は保護者同伴)。各回20人。定員を越えた場合は抽選
申し込み 往復はがきに@実習名、A参加者全員の名前と学年、B住所と電話番号を記入、さけ科学館まで郵送。
     11月22日(水)必着。
     さけ科学館ホームページのメールフォーム(http://www.sapporo-park.or.jp/sake/?p=4862)からも
     申し込み可。

〈季節展示 サケの卵〉 卵の中に目が透けて見えます。
日時 11月14日(火)〜2018年1月8日(月・祝)
費用等 無料
会場 さけ科学館飼育展示室

〈みんなでサケさがそ!〉
 「みんなでサケさがそ!」では、携帯電話やスマートフォンで写真を撮り、メールに添付して送信するとデータベースに蓄積され、そのデータをインターネット上で閲覧できます。ぜひ、あなたも川にいるサケを観察して調査に参加してみてください。
    「みんなでサケさがそ!」とは?
       
    写真投稿フォーム
       
    投稿写真一覧
       

主 催 札幌市豊平川さけ科学館(〒005-0017札幌市南区真駒内公園2-1、Tel011-582-7555、月曜休館)


ラムサール条約湿地登録12周年記念事業 晩秋の自然を楽しむ音楽と語り

 平成17年11月、野付半島と野付湾、風蓮湖がラムサール条約湿地登録地に認められ今年で11年目を迎える。ラムサール条約登録湿地の中で、自然環境・野生生物に関するお話を聞き、地元の自然環境に目を向け、野付半島の環境保全について考えるきっかけとしていただく。また、生演奏の音楽を鑑賞しながら晩秋の野付半島を満喫していただく。
日 時 11月19日(日)12:50〜15:50 参加費 200円
会 場 野付半島ネイチャーセンター(野付郡別海町野付63番地)
内 容
 ○講演「漂着からみた道東・根室海域の鯨類」
     松石 隆(北海道大学教授、ストランディングネットワーク北海道代表)
 ○「のつけ学」発表 野付小学校児童(他、学習発表ポスター展示/野付中学校)
 ○ニナ・マルカの演奏〜ケーナの調べ
主 催 野付半島ネイチャークラブ、(株)別海町観光開発公社、野付半島ネイチャーセンター
連絡先 野付半島ネイチャークラブ事務局(Tel0153-82-1270、Fax82-1296、notsukenc@aurens.or.jp)


西岡公園管理事務所のイベント
■子りす工房 森の工作のボランティアスタッフがサポートしてくれる木工クラフト教室。テーマを決めず、事務所内にある様々な見本と同じものを作って良し! 自分が作りたいものを作っても良し! 豊富な森の材料を使って自由に工作を楽しむ時間です。
日 時 11月26日(日)、10:00〜12:00
参加費 こども300円、おとな500円(材料費、保険代込)
対 象 小学生以上。未就学児は保護者同伴。
申し込み 不要、当日管理事務所集合(5名以上で参加希望の方は、事前に管理事務所にご連絡ください)
主催/問い合わせ 西岡公園管理事務所(札幌市豊平区西岡487番地 Tel011-582-0050、Fax582-0099、火曜休館)


学習会 大型風車の試運転を控えて〜私たちがしなければならないこと〜

 石狩湾新港工業団地に完成した3300kWの大型風車2基の稼働に伴い、もたらされる様々な影響について学びます。
ライジングサンロックフェスティバル会場では3300kWの風力発電機の組立が完了、巨大な姿が出現しました。今年中に試運転を始める可能性が大きいです。また花畔に近い新港工業団地に3200kWの風力発電機が7基も建設中、新港西側の銭函海岸にも3400kWのものが10基建設予定です。羽根の直径は108mもあり、148mの高さは札幌テレビ塔と同じくらいです。
大型風力発電機から発生する低周波音は頭痛・めまい・吐き気・睡眠障害等の原因になります。被害は日本だけでなく世界(ドイツ・デンマーク・オーストラリア・カナダなど)で報告されています。建設され、稼働してしまうと健康被害が出ても風力発電機を止めることは困難になります。それでも稼働前の騒音等を調べ、稼働後に備える必要があります。
日 時 11月19日(日)13:30〜15:30
場 所 花川北コミュニティセンター2階視聴覚室(石狩市花川北3-2 Tel0133-74-6525)
講 師 安田秀子(日本自然保護協会自然観察指導員)
参加費 300円
主催/問合せ 石狩湾岸の風力発電を考える石狩市民の会(安田 Tel0133-74-6198)


おたる文学ウォーク 石川啄木、小林多喜二、伊藤整そして…

 小樽を訪れる皆様に人気が高い文学コース。経済的繁栄を背景に文学、美術などの文化面でも全国から才能豊かな人々が小樽に集いました。石川啄木、小林多喜二、伊藤整、岡田三郎、並木凡平など日本の文学史に名を連ねる方々です。まずは、小樽文学館にて概要を学び、水天宮、花園公園などを歩きましょう。昼食は、花銀から公園通りにかけて、しかまのお寿司ランチ、大丸の焼きそば、田志満の定食、なるとランチ、寿楽園の焼肉ランチなどフリーでお楽しみください。午後は3コースに分かれます(文学碑バスツアー、文学碑ロングウォーク、温泉コース)。
日 程 11月10日(金)
会 場 市立小樽文学館、水天宮、花園公園その他
参加費 2,800円(運営費、入館料、保険代他含む。当日支払い)
無料送迎バス 厚別区役所前8:00出発/17:35解散、JR札幌駅北口8:45出発/16:55解散、ちえりあ9:15出発/16:20解散
持ち物 雨具上下、ストック(必要な方)、保険証のコピー、おやつ、飲み物、参加費、その他必要と思われるもの
主催/申し込み 自然の旅クラブ運営サポート事務局(〒047-0155小樽市望洋台2-14-1望洋ビレッジ
        Tel0134-51-5666、Fax0134-51-5667、メール:sokusinkai1991@sokusinkai.com)


スノーシューと冬遊び
冬も野外で遊びましょう。スノーシューを履いて、公園や森を歩き、冬の遊びを楽しんだり、生き物たちの暮らしぶりを探ったりします。スノーシュー貸し出しあり。スノーシューが初めての方も大丈夫です。
月日/場
 @2018年2月17日(土) スノーシューで遊ぶ(南区真駒内公園)
 A2018年3月10日(土) スノーシューでのんびり散歩(南区真駒内柏丘)
 B2018年3月17日(土) スノーシューで小さい春みつけた(南区真駒内柏丘)
参加費 500円(中学生以下無料)
指 導 自然ウォッチングセンタースタッフ
主催/申し込み NPO法人 エゾシカネット(Tel090-9524-1232水沢、Fax011-711-5868)



今月の行事一覧  来月の行事一覧 講座・イベントのご案内 ツアーのご案内 その他のお知らせ 無料配布場所一覧  『北海道ウォッチングガイド』への情報提供のお願い

お知らせ
※メールアドレスは、[@]の部分を全角にしてあります半角の「@」に変えて、送信してください。


雷鳥・四季を纏う神の鳥−高橋広平写真展(苫小牧市美術博物館企画展)
 日本アルプス。そこは、氷河期の生き残りである雷鳥が命を紡いでいます。苫小牧出身の写真家・高橋広平は、その四季折々の姿を撮影し続けています。本展では、四季の彩りを身に纏う雷鳥の姿を約80点の写真で紹介。過酷な山岳地帯で生きる雷鳥たちの姿をご覧ください。
日程 11月23日(祝)〜2018年1月21日(日) 開館時間9:30〜17:00、月曜休館(ただし1月8日は開館)
会場 苫小牧市美術博物館(苫小牧市末広町3-9-7 Tel0144-35-2550)
観覧料 一般300円、高校生200円、小中学生無料


野幌森林公園自然ふれあい交流館 イベント・展示
■もりの工作コーナー「まき×2 どんぐり」 10月7日(土)〜11月26日(日)、無料、当日受付。
主催/会場 野幌森林公園自然ふれあい交流館(江別市西野幌685-1 Tel011-386-5832)
      (9:30〜16:30、平日の月曜休館)


ナキウサギふぁんくらぶ写真集
『エゾナキウサギ-Pikas in the Rocks-』


 ナキウサギふぁんくらぶの会員が北海道の山々で撮影したエゾナキウサギの生態を紹介する写真集です。厳しい冬を無事に生きのびた春、生命躍動する夏、貯食に忙しい秋、長い地下生活の冬…。ナキウサギはなぜ鳴くの? なぜ北海道にいるの? 高山でしか生きられないの? こんな問いに応えてくれる、かわいくて役に立つ一冊です。
  A4版変形オールカラー96ページ、1800円+税/共同文化社発行
 お買い求めは道内書店、エコネットワーク、ナキウサギふぁんくらぶまで(Tel011-281-3348)


巡回ミニパネル展「ポロトコタンのいきものたち」
(開催中、2018年3月末迄)
 白老周辺にもあるアイヌも利用した動植物から、毎回ひとつを取り上げるミニパネル展。名前の由来、分布や特徴のほか、利用法や成分、アイヌ語地名との関りなどについて紹介しています。11月まではハマナス。随時更新します。
会 場 ◯一般財団法人アイヌ民族博物館(白老町若草町2-3-4)
    ◯しらおいイオル事務所(白老町末広町2丁目6?4)
    ◯萩の里自然公園センターハウス(白老町字萩野316?1)
    ◯キウシト湿原ビジターセンター(登別市若山町2丁目)
    ◯ポロト自然休養林ビジターセンター(9月「オオウバユリ」開始、白老町字白老ポロト自然休養林)


*札幌・自然ウオッチングサークル会員募集*
*春からゆっくり、のんびり歩きながら身近な自然を楽しんでみませんか!*
月一回札幌市内や近郊の森林、公園、里山を野の花、野鳥などを講師の説明を聞きながら散策します。散策距離は3K位で、平地または丘陵地でおこないますので年配の方でもご参加できます。会員は50代〜70代の女性が中心に活動しています。
■自然ウォーキングサークル「はるにれの会」
・例会日 月一回、第二火曜日、年12回
・時 間 10時〜12時(一日コースは14時まで)
・会 費 12ヶ月分 8,000円位

■自然ウォーキングサークル「トンボの会」
・例会日 4月〜11月、月一回 第三火曜日、年8回
・時 間 10時〜14時(半日コースは12時まで)
・会 費 8ヶ月分 6,000円位

■自然ウォーキングサークル「トリカブトの会」
・例会日 月一回、第一金曜日、年11回(1月休み)
・時 間 10時〜14時(半日コース12時まで)
・会 費 11ヶ月分 6,000円位
問い合わせ先 札幌・里山散歩オコジョの会までрO80−3233−1684


ツアー
※メールアドレスは、[@]の部分を全角にしてあります半角の「@」に変えて、送信してください。

HBCトラベルのツアー 
 рO11−221−8899 Fax222−3899(担当:佐々木)

■ケアンズ探鳥旅行 12月7日(木)〜13日(水)、新千歳発着7日間、338,000円
カラフルなインコやオウムの仲間たち、アズマヤドリやツカツクリなどオーストラリアやニューギニアに生息する野鳥がたくさん! 今回の目玉はニューギニアから渡ってくるシラオラケットカワセミです。毎年宿泊ロッジの敷地内で営巣します。宿泊するロッジはキングフィッシャーパーク・バードウォッチャーズ・ロッジです!


エコネットワーク
※メールアドレスは、[@]の部分を全角にしてあります半角の「@」に変えて、送信してください。
エコ・ネットワークまとめて情報  詳細はエコ・ネットワークまで

イベント情報
第3回さっぽろ定例フットパス
 9月から始まった札幌市内を歩く「定例フットパス」1、2回共に多くの方にご参加いただきました。11月の定例フットパスは真駒内川から中の島まで歩きます。中の島駅解散予定。距離約7km。都市部の中にある自然や歴史の中でフットパスを存分に楽しみます。次回は2017年12月3日(日)は札幌市中心部での開催予定です。
■日時 11月5日(日) ■場所 10:00地下鉄南北線真駒内駅北待合室(セブンイレブン前) ■参加費 500円(小学生無料、受付時に申し受けます) ■定員 30名(先着順) ■時間 10:00〜12:00頃まで ■ガイドウォークや観察会とは異なります。昼食不要、小雨決行。

エコ・ネットワーク新着本のご案内
『北海道遺産』読本 ¥1,811 編:北海道新聞社 165頁 A5判
52件の北海道遺産を紹介。多岐に渡る北海道遺産の概要・歴史的背景や文化価値などを解説。
シマエナガさんの十二か月 ¥1,296 著:山本光一、河瀬幸他 95頁 A5変形判
北海道の地元自然写真家3人による、12カ月を通して撮影されたシマエナガ写真集。
エゾナキウサギ ¥1,944 著:ナキウサギふぁんくらぶ 95頁 A4変形判
ナキウサギの生態についても解説されている写真集。なかなか見ることができないキュートで貴重な写真が満載。
なんでそうなの札幌のカラス ¥1,512 著:中村眞樹子 199頁 B6判
18年間ほぼ毎日カラスの行動を観察・記録し、基礎知識から珍しい行動まで札幌のカラスについて疑問に答えます。
カレンダーのご案内(エコ・ネットワークのHPに画像が出ています)
@WILD LIFE ¥1,200 13枚 吊下げ 縦62cm×横45cm 北海道新聞野生生物基金
A北海道の野の花と樹 ¥800 13枚 卓上 縦10.5cm×横21cm 北海道新聞野生生物基金
B北国の花 ¥500 8枚 吊下げ 縦22cm×横15cm 梅沢俊
Cナキウサギ ¥800 13枚 吊りげ 縦22cm×横14.8cm ナキウサギふぁんくらぶ
DBIRDS IN SEASONS
 ¥1,080 13枚 卓上 縦17.5cm×横15cm 日本野鳥の会
E野  鳥 ¥1,339 13枚 吊下げ 縦52cm×横36cm 潟Wャパンプレス・フォト
F日本の野鳥 ¥1,400 13枚 吊下げ 縦62.5cm×横36.5cm 日本鳥類保護連盟
G大雪山の四季 ¥1,080 7枚 縦29cm×横37cm 吊り下げ 後藤昌美
H北海道花暦 植物画による毎年カレンダー ¥1,620 370枚(表裏) 縦9cm×横12cm 卓上 潟梶[ジャスト
I大好き北海道 毎年カレンダー ¥1,620 370枚 縦9cm×横12cm 卓上 潟梶[ジャスト
J北海道の野鳥 毎年カレンダー ¥1,728 384枚 縦9cm×横12cm 卓上 潟梶[ジャスト
K北海道花物語 毎年カレンダー ¥1,620 366枚 縦9cm×横12cm 卓上 潟梶[ジャスト

営業時間:月〜金曜の9:30〜17:30(土、日曜、祝日は休み)。2,000円以上お買い上げの方は送料サービス。
〒060-0809 札幌市北区北9条西4丁目エルムビル8F エコ・ネットワーク
TEL.011-737-7841 FAX.011-737-9606 E-mail.eco@hokkai.or.jp HP.http://city.hokkai.or.jp/~eco/


今月の行事一覧 来月の行事一覧 講座・イベントのご案内 ツアーのご案内 その他のお知らせ 無料配布場所一覧  『北海道ウォッチングガイド』への情報提供のお願い


自然ウオッチングセンター

住所〒005-0005
札幌市南区澄川5条10丁目4-16

Tel 011-583-5208
Fax 011-583-5233

※観察会など実施中は、事務所不在で電話に出られない場合があります。留守電にメッセージをお願いいたします。